2019年3月29日金曜日

合同卒業式・インテンシブ&ジェネシスの予定など


2019年3月24日 合同卒業式 in アルガンザ八王子

2018年度   石巫女・星巫女・意識の学校・インテンシブ Amber クラス

ありがとうございました。



前日の冷たい雨の気配から、当日は暖かい晴れの日に。こういう変遷はかえって天の演出のようで嬉しくなりますね。この日は特別な日。

ヒーラーズカレッジのマスタークラス、石巫女アースワーク専科と、星巫女プロ専科コースの最終年度クラス、インテンシブコース ひとつめAmber の合同卒業式。欠席となった方も残念ながらいらっしゃったけれど、一度卒業式を終えていた「意識の学校」3期の方にもゲストで合流していただき、7名で集まることが出来ました。




久しぶりのアフターヌーンティも。

カレッジ4期・5期から石巫女・星巫女に進んだ方々と、SS カレッジ2018からのマスター参加の方、そして初めてのインテンシブコース卒業生の方。アルガンザの変遷が佳境に入った2018年の、周囲で起きるざわめきも身近にしながら、それぞれの現実の中でも大きな変化を体験しながら、最後まで頑張れた人たち。今年度は特別な年でした。

それゆえに、石巫女・星巫女の後半には「オープン制度」をもうけて、意識の学校2018の方も含めて、別のコースに無料で好きなだけ出席できる、としました。神智学勉強会や、ジェネシスヒーリングのプラクティショナーなど、これからも緩やかに、連携しながらネットワークしていけることでしょう。



膨大な課題をこなしながら、卒業発表で素晴らしいオリジナルワークを披露し、最後の課題であるホームページ作成を終えた、星巫女さんお二人の、プロヒーラーとしての活動を、ここでご紹介しておきたいと思います。



晴れの日に、と・・用意した服が私と見事に被った!(笑・凄いでしょ!)さすが・・アンドロシスターズのYewさん(Albireo)は、以前からヒーラー活動をされて来ていて、ジェネシスヒーリングのプラクティショナーでもあり、昨年、ジェネシスの認定セミナーでモニタリングさせてもらった彼女のオリジナルワークは、本当に素晴らしかった!

オリジナル光線だけではなく、自然な展開でほぼフルセッションでやって頂いたのですが、たまっていた疲れや抑圧した感情などを洗い流し、活性のエネルギーも、解放のセクションもあり、高い波動による癒しのフルコースという感じでしたが、そのような展開は、彼女のお人柄、セラフの性質を反映していると強く感じられるものでした。

高次も信頼しているのでしょう、自然な流れでアルガンザの「リリスリリース・エーテリックサージェリー」の後継者に、彼女がなってくれる運びになりました。

そして、ヒーラーさんとして今回、ホームページを開設したAythaさん(Armonia)は、新人さんながらにこちらも驚くハイオクターブな宇宙系ワークをオリジナルとして作り上げ(アダマンタイン・ライト・ニュートリション)、セイキムやアルガンザでいう「ディーザ」(リラ)にも関係しそうな、銀河の中心まで体験させてくれるような、清らかで高いワークで驚かせてくれました。

ここ二年ほどのアルガンザの変動期に、人々の様々な選択や行動を見る時期を経たこともあり、今回お二人の卒業発表を通じてあらためて思ったのは、ヒーラーとしての素養として何より大切なのは、気高さ、清らかさ、誠実さなどの人間性が、高次の純粋なチャネルとして求められることであり、やはりその人の、地上でのキャラクターを反映させたエネルギーワークが出来上がるものだということ。

本人のエネルギーを大きく高く保っていても軸が甘く心理的に混乱しがちな人は、ワークの焦点も散漫になり、人に訴えにくいものになったり、「とにかく高く」と周波数の高さにこだわっていると優しさや心地よさが欠如したバランスの悪いものになったり、自信が度を超えておごりや虚栄心を隠し持っていれば、ネガティブなエネルギーのチャネルになってしまうこともある。つまりオリジナルワークは、その人の投影とも言えますね。

レイキなど伝授を段階的に受けていけば、システムのヴァージョンアップは誰にでも起きることで、エネルギーヒーリングは誰にでも出来るものだとも言える。けれど、どんなオリジナルワークが出来るか、また伝授を受けたワークにしてもどのような周波数や質でチャネルとなれるか、は、精妙な高次エネルギーと相性の良い、優しさ・慈悲深さや誠実さ・意識や視点の高さ、「自分をよく見せたい・出世したい」などの欲を持たない謙虚さが、「職業エナジーワーカー」の素養として大事なのです。それでいて芯は「強く」あることも求められる。なかなかの専門職です。

それから今回のお二人のワークには、受け手になる人々への優しさ、根本的かつ自然体でお持ちの愛、が感じられました。


卒業式参加のみなさん、ありがとうございました。

そして私たちが学ぶ背景で様々な役割を演じた人々が居ました。全てが学びとなり、消化したり理解したり手放したり。それを経て、私たちは当日、春の日差しに照らされた、石たちと花々と緑に囲まれたその場に、集まっていました。

自分という世界の中に見える他者は、自分自身であるとも言う。手放した断片としての自分自身。軽くなったからこそ、今の立ち位置があると言えるのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・

二日前の朝、起きがけに「まずは己を知ることから始まる」と呟きながら目を覚ましたところから始まった件を、久しぶりのメインブログの記事にしようと思います。またそちらも覗いてください。

・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、今回の合同卒業式で一区切り。
今後のアルガンザのことを考えてみました。

神智学勉強会を張り切って、やって行こうと思います。仲間たちが集う場として。

新しい方がいらっしゃる「インテンシブマスターコース」ですが、現在、アンバーが終了し、ベリルとコーラル、二つのクラスが進行中。先のことは分からないのですが、ひとまず、一旦、新規の受付をお休みしようと思います。

そして、これまで希望を聞いている方々で「ジェネシス第三世代伝授」を、コーラルクラスが終わる今年の11〜12月からのスタートで、設定しませんか? 該当する方々と相談して、日程を決めたいと思っています。

ジェネシスも、その第三世代で伝授が終わってもよい、と現時点では思っています。が、先のことはわかりません。また再開して募集することもあるかもしれません。けれど自分としてはここから数年間かけて、むしろこれまで蓄積したデータを整理したり、まとめたりすることで、ジェネシスの骨組みを強化し、今居るプラクティショナーさんたちをバックアップするほうに、意識が向いています。どんどん伝授する、というよりも。

今、インテンシブコースは、ジェネシス始めアルガンザワークの伝授希望者専門で受付をする、としています。上記と同じ理由で、一旦受付を休止する時間を取りたいと思います。(卒業生で資格のある方が、各ワーク伝授を希望する場合はもちろん、いつでも歓迎致しますのでお声がけください)

ただ、「ドウルジー」という四つ目のクラスの名前をもう決めてしまっていたので(笑)せっかくなので・・もし、この記事を読んだ現時点で、インテンシブを希望する方はご連絡ください。ジェネシスヒーリング伝授を念頭に置いて居る方でしたら、第三世代に間に合うようコース設定をしたいと思います。(ドウルジークラスが有れば)4〜5月スタートで、通常のクラスよりかなり駆け足になりますが・・それでも良いという方は、手を挙げてください。

ずっと・・となるか、一時的(数年)になるかわかりませんが、やはり一度、情報整理やまとめ作業に集中しないといけないと感じた最近。「広める」よりも「固める」「強固にする」ために、エネルギーを向けなければいけないようです。今の予感としては、そのような方向に自分が行くと、戻っては来れないのではないかと・・自分の人生パターンとして思いますが、何しろ高次の采配でジェネシスなどは全て決まっていくので、必要とあらば、「今度はまたプラクティショナーを増やす時期が来ました」というかもしれません。。

ちなみに、ジェネシス希望の皆様、
第一、第二世代とは違って、伝授は数ヶ月で6回のセミナーを配置し、連続的に進めていきます。HPのジェネシスのページにも書いていますので、覗いて下さい。また、認定セミナーは少しやり方を変えます。近日ページを更新しておきますので、ご確認ください。

万が一、今回希望者が多かった場合、八王子のワークルームのスペースが狭いので、第三世代を二グループに分ける、という方法を取って対応します。

とにかくは、「第三世代」までで、一区切りとします。







Love and Grace

Amari